So-net無料ブログ作成

劇団銅鑼の『砂の上の星』観てきました!

コンニチハ、JGのエンタメページ担当の
ニシオカで御座います!

3月9日(金)に、

JGの最新号(3月号)の
演劇ほたるいかのページでも紹介している

劇団銅鑼の『砂の上の星』
を観てきました。

会場はSPACE雑遊。

一歩踏み入れるとエキゾチックで、不思議な空間・・・。
天井からつるされたハンモック?とか、素敵!

・・・なんて思って開演まできょろきょろしておりました。

そこで繰り広げられるお芝居は

アフガニスタンで暮らす、とてもとても逞しい二人の少女、

パヴァーナちゃんとショーツィアちゃんのお話です。

タリバン政権の下で、不自由なことばかりの暮らし。

女の子なのに、髪の毛をばっさり切られ、男の子のふりをして
一生懸命働き、家族を支えます。

地雷や、爆撃が日常にある生活の中で、二人の少女は、
20年後にエッフェル塔のてっぺんで会おうと約束を交わし
それぞれの事情で、離れ離れの旅をすることに・・・。


もうね、本当に悪い大人がいっぱい出てきて意地悪するから、
ワタクシ涙が出ちゃいました。


心の中で『頑張れ~~!!』

と、超応援しながら観ておりました。

世界平和を私が一気にまるっとまとめることは
できませんが、私も平和ボケしていないで
日々精進してゆきたいと思いました。



すでに満席の日もあるようですが

『砂の上の星』が3月18日まで新宿三丁目の
SPACE雑遊ぶでやっております。

ぜひ、二人の少女を応援してきてください!
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。